当サイトは(社)日本ヨガメディカル協会が運営するヨガセラピーに関する情報サイトです。(免責事項

Category

智るヨガ学

師曰く「ヨガで大切なのはどれだけポーズを深めるかではなく、どのように深めて行くかです。」御年70才を超える二人の師匠から長年学んできたことなどを備忘録も兼ねて綴って行きます。他でも得られるヨガ・ポーズの基本のハウツーは省きます。この記録が、読んでいただく方たちのヨガのヒントとなることを心から祈ります。ナマステ。ーーホーバン村松由美子

ヨガ・セラピストがおすすめする本

いのちと向き合うあなたへ セルフケアできていますか? マインドフルネスを活かして

昭和大学医学部 医学教育学講座 教授の髙宮有介 先生と、同じく昭和大学医学教育推進室 准教授の土屋静馬 先生による医療者のためのマインドフルネスに関する著書「いのちと向き合うあなたへ セルフケアできていますか? マインド…

ヨガ・セラピストがおすすめする本

手の治癒力

当協会の認定ヨガセラピストであり、現役看護師として臨床に携わり続けている土屋真由さんより「手の治癒力」草思社 についてご寄稿をいただきました。 11月に看護の研修会に行かせてもらう、山口創先生の著書。職場の先輩から、「こ…

読んで深めるヨガ | YOGA HINT

ヨガで手首を守る方法

私がヨガを始めて最初に痛めた場所が左の手首です。完全に痛みが無くなるまで1年以上はかかったと記憶しています。 ヨガで手首を痛める原因 ヨガでは頻出するダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)を始め、手に体重をかけるポーズがたく…