当サイトは(社)日本ヨガメディカル協会が運営するヨガセラピーに関する情報サイトです。(免責事項

YMSJ学びのシステム

国際基準のヨガセラピーを提供します

現在、アメリカでは755ある統合医療施設の93%において、セラピーとしてのヨガが提供されています。近年、医療者によってヨガの効果に関する様々な調査研究が行われ、エビデンス(有効であるという証拠)が次々と発表されるとともに、医療機関内でもリクリエーションとしてではなく、治療の補完としてヨガのクラスを提供している所も増えてきました。

アメリカにおける、このような動きを強く後押ししたのが、現在、世界50ヶ国以上に5,600人以上の世がセラピストと医療専門家を擁する「国際ヨガセラピスト協会(通称IAYT)」です。

2019年、「日本ヨガメディカル協会(YMSJ)」は、難関な審査を通って日本で唯一のIAYT正式メンバースクールとなりました。また本校の単科の一部はIAYTの「認定ヨガセラピスト継続教育単位」として認定されました。

フレキシブルなスケジュール

YMSJでは一人一人の体調に合わせたヨガ、予防回復を助けるヨガを学びたい、教えたいと思っている方の目的とスケジュールに合わせたフレキシブルな学びの場をご用意しております。

Step1 YMSJ単科

単科とは「ヨガセラピー 入門講座」「マインドフルネス講座」「シニアヨガ指導者養成講座」「マタニティヨガ指導者養成講座」「医療基礎講座」など各分野のセラピーとしてのヨガを学び、指導できる力を養う協会で提供する全ての講座のことです。興味に応じて1講座から受講することができます。

指導者になることに今のところ興味はないけれど、自分自身のヨガの学びを深めたい方にもお勧めです。

単科は、3種類に分かれます。

  • ワークショップ:ヨガの学びを深めるための単発の講座
  • 指導者養成講座:学ぶ分野を特化した指導者養成講座
  • YMSJ認定ヨガセラピストになるための必修科目:1講座からの受講が可能ですが、指定された単科を組み合わせることによってヨガメディカル協会認定ヨガセラピストを目指すことが可能です。

単科一覧を見る

Step2「YMSJ認定ヨガセラピスト」コース

キャリアとしてヨガセラピストを目指される方のためのコースでYMSJ認定指定7単科(全38.5時間)が必修となります。

※医療者の方は医療系講座が免除されるため全受講所要時間は24.5時間です。

認定プログラム詳細を見る

Step3「YMSJ認定スペシャライズド・ヨガセラピスト」コース

「YMSJ認定ヨガセラピスト」として、「メンタルケア」「メディカル(医療者向け)」「ハンディキャップ(障害者向け)」の各分野でセラピーとしてのヨガの、さらなる専門性を身につけたい方のコースです。それぞれの専門分野ごとに指定された単科を組み合わせて履修して行きます。

それぞれの単科が開催されるタイミングの都合上、STEP2の「YMSJ認定ヨガセラピスト・コース」を受講しながら同時に「YMSJスペシャライズド・コース」の単科を受講することも可能です。

※ただし、Step3の「YMSJ認定スペシャライズド・ヨガセラピスト」の認定者になるにはStep2の「YMSJ認定ヨガセラピスト」の認定を受けた後となります。

認定プログラム詳細を見る