ヨガセラピーの様子

■ヨガセラピストとは

ヨガセラピストは、痛みや体の不調から来るストレスの緩和、再発の防止、健康回復と維持のためのヨガを教えられる知識とスキルを持ったヨガ・インストラクターのことです。(ヨガセラピストは診断や治療といった医療行為はしません。)

ヨガは健康で若くて体の柔らかい女性のためのエクササイズというイメージが先行していますが、ヨガは病気や痛みを抱えている人や高齢の方にも役立ちます。アメリカでは既に1500-2000万の人たちがヨガを日常生活に取り入れており、医療現場でのヨガの導入も広がっています。

日本では、このような動きはまだ始まったばかりで圧倒的にそのスキルを持つ人が不足しています。当協会(一般社団法人ヨガメディカル協会)では、日本で唯一のIAYT(※国際ヨガセラピスト協会)メンバースクール(2019年1月現在)として医療、介護、福祉の現場で安全にヨガを指導できる知識と技術を有したヨガセラピストの育成と、活躍できる体制作りを始めました。

IAYT–国際ヨガセラピー協会とは
1989年にアメリカで設立されたセラピーとしてのヨガの研究と教育を支え、50ヶ国以上の国で働く5,600人以上のヨガセラピストを輩出してきた世界的な組織です。

現在多くのヨガスタジオで教えられているヨガは、普通の人には難しいものもたくさんあります。無理をして行えばむしろ健康被害をもたらすこともあります。

ヨガセラピーは「呼吸ができる人ならだれでもできるヨガ」をコンセプトに、健康な人はもちろん、病気の人にも、年齢を重ねた人にも十分な健康効果を感じていただけるヨガであり、ヨガセラピストとは、だれにでも、そのようなヨガを指導できる知識と技術を持った人材のことです。

わたしたちは、ヨガセラピーを受講した方々が、気づきやリラックス、そして笑顔を得てスタジオを後にする姿を数多く目にしてきました。人に寄り添い支え、喜びを分かち合えるやりがいのある仕事がヨガセラピストです。

講座受講者
ヨガセラピスト養成講座の様子

■ヨガメディカル協会の認定プログラム

講師陣は各分野一流の専門家

日本ヨガメディカルの認定ヨガセラピスト養成講座の講師陣は、心と身体のつながり、病気と健康について深い知識と現場経験を持つ専門家たちです。

国際基準の質の高い講座

2018年12月、当協会の講座の一部が日本で初めて医療におけるヨガの国際的標準化団体として50ヶ国以上で認知されている「国際ヨガセラピスト協会」(通称IAYT)に認可されました。

これは当協会の提供する講座がプロのヨガセラピストの講座として国際基準という高いハードルをクリアしたことを意味します。

現在、日本ヨガメディカル協会は、アメリカの国際ヨガセラピスト協会と連携しながら日々着々と日本全国の医療関係機関や医療関係者とのつながりを築くとともに、ヨガが医学、医療の分野でも安全で効果があるかどうかを確率的な情報として示す検証結果、臨床事例を積み重ねようとしています。当協会の卒業生であることがヨガセラピーとして信用と信頼のステータスとなるよう取り組んでいます。

ヨガセラピストとしての高いスキルと即戦力が身につく

当協会卒業生が、医療現場でも即戦力として自信を持ってヨガセラピーを教えることのできる高いスキルを培うために医師・看護師・理学/作業療法士・薬剤師などの医療者や患者、患者会とも連携してデザインされた質の高い講座を提供しています。

専門力を持ったヨガインストラクター育成:シニア向けヨガ、ビジネスマン向けのストレス軽減のためのマインドフルヨガ、病気治療中の患者さんなどの医療サポートができるヨガを教えることができるスキルが身につき、ヨガインストラクターとして活動の場を広げることができます。

※現在フィットネスクラブの会員に占めるシニア層の割合は30%以上と年齢別で最も高くなっており、ますますシニアに特化したスキルを持ったヨガインストラクターが求められています。

開かれた学びと成長の場

ヨガセラピストを目指される方だけでなく、セラピーとしてのヨガや高齢者のためのヨガについて関心をお持ちの方、ご自身のヨガの知識をさらに深めたい方にもご参加いただけます。

自分のペースで受講できる

講座は、自分の関心があるところ、スケジュールに合ったものから受講順を問わず自由に学ぶことができます。また、お支払いは、事前の一括納入ではなく各講座ごとのお支払いが可能ですので、5年以内であれば自分のペースで学べます。

ヨガセラピストとして認定:ベーシック・プログラムを修了すると「協会認定セラピスト」としてバッジが授与され、当協会の「一般社団法人日本ヨガメディカル協会」と「Yoga Therapy」それぞれのホームページに名前が登録され認定セラピストとして活動することができます。

ご自身のブログやウェブサイトなどに当協会の認定マークをご利用いただけます。


(社)日本ヨガメディカル協会
ベーシックプログラム
修了者に贈られるピンバッジ

認定取得で終わらないアフターフォロー体制

認定取得後も定期的な活動報告(レポート提出)、復習や学びを通してスキルを磨き続けることができます。

実践力を深めらるためのフォローアップ講座への参加だけでなく講座の運営サポータとして、またアシスタントインターンとして新たな学びを得る機会もあります。(フォローアップ講座は、当協会の講座が上記、国際ヨガセラピスト協会/IAYTの認定プログラムになるために準備を進めている国際認定の単位にも含まれます。)

※認定ヨガセラピスト取得後に受講できるスペシャライズド・プログラムではクライアント一人一人の症状に対応できるよう症状別の専門コースになっており、さらなる専門知識とスキルを身につけることができます。

講座内容と費用の詳細を見る【yogatherapy.co.jp】から離れグループサイトの【ヨガセラピスト認定プログラム】に移動します。