IAYT国際ヨガセラピスト協会認定
太陽礼拝

2018年12月本校の講座の一部が日本で初めて医療におけるヨガの国際的標準化団体として50ヶ国以上で認知されている「国際ヨガセラピスト協会」(通称IAYT)に認可されました。

これは本校の提供する講座がプロのヨガセラピストの講座として国際基準という高いハードルをクリアしたことを意味します。

本校の代表理事である岡部朋子は、2016年日本人として初めて、IAYT/国際ヨガセラピスト協会よりIAYT認定ヨガセラピスト(通称C-IATY)の認定を受けています。また全米ヨガアライアンスの最上位資格のひとつである E-RYT 500 認定指導者リストラティブヨガ Relax & Renew 上級認定指導者でもあります。

なお、本校の卒業生は「一般社団法人日本ヨガメディカル協会」の認定ヨガセラピストとなり、国際ライセンスであるC-IATYを取得するためには、現状では日本国外のIAYT認可スクールにて800時間、2年以上の履修が必要となります。

本校は、今後、日本でも国際ヨガセラピストのライセンスであるC-AIYTが取得できるように着々と準備を進めており、今回の認定はその第一歩となります。

IAYTとは

IAYT(国際ヨガセラピー協会)は1989年にアメリカで設立されたセラピーとしてのヨガの研究と教育を支え、50ヶ国以上の国で働く5,600人以上のヨガセラピストを輩出してきた国際組織です。

日本ヨガメディカル協会は、IAYTと相互協力して日本におけるヨガセラピーの普及に尽力しています。