足の親指
足の親指


親指付け根(拇指球 big toe mound)を意識するだけで、びっくりするほどポーズが安定したり深まったりアライメントが調整されます。ちなみに合気道でも拇指球をしっかりと床につけて転換や回転を行うことで安定するそうです。

拇指球を押してから親指をマットにつけることで、押した力が脚を伝わって股関節まで届きます。もっと詳しく言えば、足先から骨盤までの内旋が起きます。

■立ち居のポーズで試してみる

まずは片足に体重がかかる立ち居のポーズで体重が乗っている方の拇指球を押してみてください。戦士のポーズ3(Warrior3)、半月のポーズ(Half Moon)、天地開脚のポーズ(Standing Split)地についている方の足、ねじった三角のポーズ(Revolved Triangle)の前足。

足を曲げる立ち居のポーズでは、たとえば戦士のポーズ2(図・右から2番目)で前の足の親指の付け根を押すことで、膝が内側に倒れるのを防ぎます。

椅子のポーズでは両足拇指球。脚の内側全体の筋肉が働き下半身が安定します。

立ち居前屈のポーズでは、お尻が後ろに下がりがちですが、 拇指球 を押すことで(重心が前方に移動してお尻が足の真上にきます。つまり脚が床に対して垂直になります。

■座位のポーズで試してみる

座ったポーズでも、たとえば頭をひざにつけるポーズ(Head to Toe Pose / Parivrtta Janu Sirsasana)では、伸ばした方の拇指球を押し出し、反対に小指は自分の方に引き、脚の裏全体でしっかりと床を押します。

開脚前屈(Wide-Angle Seated Forward Bend / Upavistha Konasana 図・一番右)、背中を伸ばすポーズ/座位の前屈(Seated Forward Bend / Paschimottanasana)も同じです。脚の内側の筋肉が働き、足が外側に開いてしまう傾向を防ぐだけでなく、下腹も引き込まれ背筋が伸びます。

■仰向けのポーズで試してみる

仰向けの親指をつかむポーズ(ベルトを使って)で両足裏を壁につけた状態から始める。床についている足の親指の付け根で壁をしっかりと押します。(膝とつま先は、まっすぐ天井を向けて行います。 )

足の先から、脚を通り骨盤までの内旋のエネルギーを見つめてください。このポーズは反対の脚を高く上げることが目的ではありません。床についている脚の方に注意を向けましょう。壁のない所でも、この感覚をもってポーズをします。

検証:拇指球を押す、親指を押す、かかとを押すでは何が違うのか?上記のポーズで床についている方の足のかかと親指、拇指球、それぞれを押して実験してみると体が教えてくれます。かかとや親指を押した場合には、反発する力は直線的ですが、拇指球を押した場合には、骨盤までの内旋エネルギーが感じられます。

橋のポーズ(Setu Bandhasana)、上向きの弓のポーズ(Urdhva Dhanurasana)で、ありがちなのは両膝が開いてしまうことですが、膝を閉じようとするよりも、足の親指で床を押すことで膝は自然に近づきます。

浮き指を防ぐ

NHKの「ガッテン」で、日本人で足の指が1本以上浮いている人は、男性の6割、女性の8割にも上るという研究結果を紹介していました。

番組によると、浮き足になると、重心が後ろ側に移動。体はバランスを保とうと、無意識に上半身を前に傾け、猫背に。すると頭の重さを支えるために、首から腰にかけての筋肉に余計な負荷がかかり、頭痛や肩こり、腰痛などにつながると考えられているそうです。

また浮き指の人は正常な人に比べて、1歩歩くごとに、膝に3キロ相当の負荷が余分にかかるとも言ってました。

ヨガで足の指を使って行くことは、やはり理にかなっていると言えます。

一日一ポイントの練習 Set an Intention

私はホームプラクティスでは、その日に一点だけ集中して気をつける場所を決めてから練習します。たとえば、今日は親指に精神を集中して練習しようと決めたり、今日は膝のアライメントだけに集中しようとかです。ただ漫然とポーズをするよりは、短い練習でも得るところが大きいです。


筆者ホーバン村松由美子

米・ニュージャージー州在住。1982年ハタヨガに出会う。1986年に渡米。RYT500 & Pre-Natal(マタニティ)& Prime of Life(シニア)ヨガインストラクター。